前へ
次へ

コロナ禍の新ビジネス!タクシーによる貨客混載

「貨客混載」という言葉を聞くと、鉄道輸送をイメージされる方が多いかと思います。営業列車の1両に新聞を載せたり、鮮魚専用列車を走らせるなど、荷物とお客が一緒になっているあれです。しかし貨客混載は鉄道輸送だけに限らず、その波は軽貨物運送業界とタクシー業界においても影響していました。2020年に発生した新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、急速なテレワークの普及、夜の時間帯の顧客減などにより、タクシー業界は窮地に立たされました。それを受け国土交通省は一時的にタクシー事業者に対し、軽貨物運送事業許可を交付しました。これによりタクシーが顧客を乗車させながら軽貨物を運送したり、流し運転中に軽貨物運送を行うなど、新たなビジネスモデルが官製主導により推し進められました。ただし現状は一時的な許可にしかすぎず、新型コロナウイルス感染症収束と共に終了すると言われています。しかしこれから新しい生活様式の普及や、産業構造の転換などに伴い、軽貨物運送の需要は伸びていく一方です。それに対して軽貨物ドライバーが不足しているという、労働市場のアンバランスが問題視されています。この特例措置を通じて、長期的なビジネスプランを策定する事が、日本経済100年の成長に繋がっていくのではないでしょうか?

Page Top