前へ
次へ

軽貨物運送車両が電気化する未来について

軽貨物ドライバーの商売道具はやはり、「自動車」です。大半の軽貨物ドライバーは商用バンや軽トラックを業務に利用していると思います。これら軽貨物運送車両は、もちろんエンジン駆動で燃料はレギュラーガソリンが一般的です。しかし昨今では省エネルギー意識の高まりや、各種法令による規制に伴い、近い将来エンジン駆動車は数の減少ないしは全滅が予想されています。もしそうなった場合、軽貨物運送車両も否応なしに電気自動車の利用をせざる得なくなります。ですが電気自動車は「非力・充電に時間がかかる・発熱に弱い・故障が多い」といったイメージが、軽貨物ドライバー諸兄姉らについており、あまり良いイメージは無いかと思います。しかし昨今ではトルクパワーがチューンアップされた駆動用モーター、交換式のバッテリーパックの普及、水冷や油冷など冷却効率が高いシステムの実用化、耐水耐塵性の向上によるタフ化など、充分商用利用できるレベルまで近づいていると言えます。また電気自動車に一般的なオペレーションソフトをインストールする事により、IOT化も行われています。弱点を克服するどころか、エレクトロニクス固有の強みまで生み出している電気自動車は、近い将来ガソリン駆動車に置き換わる事でしょう。

Page Top