前へ
次へ

中間マージン一切ナシ!軽貨物ドライバーの直受け案件とは?

フリーランスや個人事業主として軽貨物ドライバーを営んでいる方の大半は、運送会社と契約しているという方が多いかと思います。水屋ビジネスや二重請負など、重層構造が軽貨物・運送業界の一般的なビジネスモデルなので、至極当然の事だと思います。しかし中には「直請け」で軽貨物運送ビジネスを展開しているやり手軽貨物ドライバーが存在しているのも事実です。そこで今回は「直請け」のビジネスモデルとメリット・デメリットをご紹介します。「直請け」とは運送会社などの中間会社をはさまずに、荷主と直接契約するビジネスモデルです。メリットはやはり、中間マージンが一切発生しない事です。仮に日当10,000円を稼いだとしても、案件斡旋の運送会社や水屋が中間マージンを取ってしまうので、丸々10,000円を手に入れる事はできません。稼いだお金を全て自分のものにしたい方は「直請け」がおすすめです。次にデメリットをご紹介します。もし荷主との契約が終了すれば、その時点で仕事は無くなります。ですが運送会社や水屋を間にかませていれば、次の案件を紹介してもらえるので安定します。サラリーマン的な安定感を求める方は斡旋を受けた方が良いでしょう。「直請け案件」のまとめ!直請け案件はお金を多く稼げる分、リスク管理が必要不可欠です。

Page Top