前へ
次へ

軽貨物運送車両が電気化する未来について

軽貨物ドライバーの商売道具はやはり、「自動車」です。大半の軽貨物ドライバーは商用バンや軽トラックを業

more

定年退職後は軽貨物ドライバーがオススメ!

「仕事を定年退職したけどまだ働きたい・・・・・・」「年金生活だけでは不安・・・・・・」「孫の学費を稼

more

正社員軽貨物ドライバーとフリーランス軽貨物ドライバーを徹底比較!

軽貨物ドライバーと一口に言っても様々な働き方があります。企業に所属して働く正社員の軽貨物ドライバーか

more

軽貨物ドライバーが狙うべき「水屋」とは?

フリーランスや個人事業主が軽貨物ドライバーとして独立する為には、まずクライアントを獲得しなくてはいけません。一般的にはインターネットの軽貨物ドライバーと個人クライアントを繋ぐマッチングサイトなどを使うのが一般的ですが、やはり業務量は不安定になりがちです。かといって法人クライアントを獲得するには、一匹狼の軽貨物ドライバーでは役不足になってしまいます。だからといって不安定な個人クライアントを相手に営業する必要はありません。なぜなら軽貨物ドライバーを求めている「水屋」がいるからです。今回は物流・運輸業界で働いている人からもあまり知られていない水屋について解説します。水屋とは正確には「貨物利用運送事業者」といいます。事業フローとしては荷主から荷物をお預かりします。そしてお預かりした荷物を実貨物運送事業者に委託して、配達先へ届けるというものです。つまりは荷主と実貨物運送事業者の仲介人という対地位でビジネスを展開している事業者というわけです。もちろん水屋は自前の配送設備や車両を保有していませんから、パートナーとなる実貨物運送事業者が必要になります。そこでフリーランスや個人事業主の軽貨物ドライバーが水屋とタッグを組む事で、水屋にとっても、軽貨物ドライバーにとっても、双方ビジネスマッチするというわけです。これなら業務量も安定しますし、軽貨物運送に集中する事ができます。では次に実貨物事業者を募集している水屋を探す方法をご紹介します。水屋を探す方法①知り合いの紹介で探す。軽貨物ドライバーをしていれば同業者や取引先との人脈が生まれます。そして軽貨物ドライバーは現在人手不足ですから希少価値が上がっています。その為、知り合いに声をかければ比較的見つかりやすいです。水屋を探す方法②インターネットを活用する。求人サイトやマッチングサイトを利用すれば、エリアを絞って水屋を探せます。「水屋」についてまとめ。水屋は配送能力を持たない配送業者です。その為、軽貨物ドライバーのステークホルダーといえる存在でしょう。

保険加入もしているから安心の運送サービス
軽貨物のご依頼は安心の株式会社SGへ

Page Top